スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
まぼろしのこけし弁当
 




仙台駅の売店で姿を探すも
一度も出会ったことのない
仙台駅弁「こけしのふる里」

青葉こけし会の会場で、
Cさんの大きな鞄の中から登場、
とうとう幻でなくなりました。

製造元こばやしさんの商品一覧にも掲載されておらず、
売り場に出るのは一日2〜3個のみといううわさ。
??なんで?
Cさんは催事で手に入れたそうな。
食べ終わったら貯金箱として使えます。
こけしについてのミニリーフレットつき。
五目弁当 800円。

朝一番の仙台駅では
見つけられるのだろうか。

写真:Cさんより
(お箸は杜の都の竹工房さんの
こけし箸です★)


追記
お弁当のこばやしさんに教えていただきました。
ただいま仙台駅で一日4個、販売されているそうですよ!


ノリコ

| こけしぼっこ | 23:48 | - | - |
木地師宗吉
 山形の作家である藤沢周平。
時代小説の巨匠のひとりであることはあまりにも有名です。
彼の大ファンである私の母が「こけしの小説が!」と教えてくれました。


山形が舞台。

遠刈田のライバル市五郎の華やかなこけし。
自分が作るのは素朴な形で、彩色も貧しく、
市五郎のこけしとは対極であることに引け目を感じている。
父・善兵衛の元でこけしを学び、
こけしに惚れ込んでいた今は亡き父の姿を思い出し、自分はそこまでの思いがないことも自覚している。
そんな彼が自分のこけしはこれだ!と開眼するまでの話。


登場人物の人情の機微が描かれ、
読後にいつも「ほぅ。」と息をもらしてしまう、周平ワールド健在。


周平の描くこけしの世界。
遠刈田系こけしって、そうそうそんな感じ!とか
知識としてしか知らなかった2人がかりで轆轤(ろくろ)を操ってこけしを作ることが
きっとこんな感じなんだろうな、と想像できます。
こけしに使われる木の種類の説明までも盛り込まれ
ストーリーを楽しむだけでないところが素晴らしいです。

宗吉がこれから作るであろうこけしが最後に描かれています。
それはどんなこけしなのか?

こけしが好きな人もそうでない人も楽しめます。
木地師宗吉は「無用の隠密」未刊行初期短編に収められています。
文春文庫(686円税別)。


AKO


| こけしぼっこ | 08:07 | - | - |
こけし複十字シール
 

鯖湖こけしの複十字シールです。
1960年代に発行された古いもの。

碧蝉さんの投稿です。
いつもこけし情報を寄せてくださいます。
ありがとうございます。

一緒に写っているこけしは高橋通さんの極小こけし。
複十字シールは切手とほぼ同じ大きさ。
こんなにも小さいこけしなのに胴模様の繊細さと言ったら!
顔の表情もなんともいえません。

このシールは月兎社で購入されたそう。
こちらのサイト、私もちょくちょく遊びに行くサイト。
碧蝉さんも足を運ばれていたとは。

複十字シールとは?
こちらをごらんください。
結核予防を目的にしたこの運動。
第一回目に発行された1952年ものもこけし柄。
とても可愛いです。

この写真を見て、もしかしたらと思ったかたもいるはず。
こけしぼっこイベントデビューの時に
アクセサリー作家のOotomo miyukiさんに作っていただいたネックレスに
こちらのシールが使われていました。
記事はこちら


鯖湖こけしは福島県生まれ。
今月17日には第36回土湯温泉こけし祭りが開催されます。
碧蝉さんもいらっしゃるそうです。
もちろんこけしぼっこも参戦しますよう。

皆さんも春のこけし旅を楽しみませんか?
春といっても東北の春はまだまだ寒いです。
暖かくしていらしてくださいね。


AKO
| こけしぼっこ | 06:45 | - | - |
村上さん宅

ninaさんとカメイ記念展示館の青野さん、
いつもお世話になっているお二人にお誘いいただいて、
郷土資料蒐集家・村上正博さんのお宅にお邪魔した日のこと。



出迎えてくださったのは、
やさしい笑顔の村上さんとお姉さま、
そして茶運び人形の娘さん。
カタカタカタカタ・・。

ご案内いただいた部屋のテーブルの上には、
たくさんのマトリョーシカが並んでいました。
その数・バリエーションは展覧会並み。



素朴な顔のこちらは、
USSR(旧ソ連)時代に作られたマトリョーシカ。
母マトのとなりの爺さまは、福禄寿。
マトリョーシカの原型と言われる、
箱根の七福神の入れ子人形です。

さてさてこの日のテーブルには、
わたしたち3人それぞれに、
指定席が用意されておりました。
3人の嗜好や興味にあわせて、
資料やこけし・雑貨・豆本、etc
席ごとにご準備くださっていた村上さん。



わたしの席には、
こけしマッチやこけし柄のセルロイド箱、
こけし柄の切符用封筒、ちいさなこけし、こけしの紙ものなどなどが。
そして、村上さんがお持ちの貴重な資料の中から、
こけしに関する記事を集めた、厚いおみやげ資料まで。

ご多忙な中、
わたしたちの訪問のために、
どれほどの時間とお心を
費やしてくださったのだろうかと思うとありがたく、
胸があつくなりました。。
おみやげ資料、ぼっこで大切に回覧します。



わたしの席から、
こけしと豆本のいろいろ。
みなさま。
うしろのこけしの胴体に、
ご着目くださいませ。
(くわしくはのちほど)



こけしの豆本



宮城・石橋孔版豆本研究所
石橋幸雄氏による豆本たち。
テーマはこけし・駄菓子・郷土玩具など。



超豆本。(緑の本の上)
ピンセットでつまみ、
みんなでルーペでのぞいてみると、
般若心経が印刷してありました(!)
緑の本は、およそA5サイズですよ。



貴重な写真資料もたくさん。
おそらく昭和初期の、弥治郎や遠刈田の写真たち。
こけしブームのそのころ、
愛好家さんが撮影なさったものなのかな。



さきほどご覧いただいた左の2体、
秋保の「木ぼこや」佐藤武志さんのこけしです。
右のこけしは、遠刈田系の長尾昌儀さん。

このこけしたち、胴体にわっかがついてます。
東ハト「なげわ」を思わせるわっか。
だけどなげわよりもかなり繊細。
わっかはこけし本体から削りだしたもので、
胴からはずれることはありません。
真ん中のこけしのわっかはその数なんと30本。
わっかの下には、胴模様が美しく描かれています。
その技術たるや!!

わっかのついたこのこけし、
「闇夜」と呼ばれていると教えていただき、
なぜ闇夜なのかとしらべてみたところ、
「わっかがこけしから離れているのに、
闇夜と同じく外に出られないことからそう呼ばれるのでは」
との説がありました。
洒脱です★


そして最後には、
こけしうたのレコードも登場。



伊達みどり(伊達にみどりの仙台出身)がうたう流行歌 
「こけし娘」
(昭和27年コロンビアレコード)
皆でゆっくり、
首をたてにふりふり聞きました。

季節のお菓子やお昼ごはんまでいただいて、
深い充実感と感謝とともに、村上さん宅を後にしました。
余韻にひたりつつ、カメイ記念展示館へ。

この日の午後は、
東北放送のラジオの収録。
以前、フエルト作家として出演したAKOさんのはからいにて、
学芸員の青野由美子さんとともに、
こけしに囲まれてのこけしトークとなりました。



放送中、ninaさん撮影の1枚。

生まれてはじめて自分宛に出された
「巻き」のアクションに、
放送事故寸前・数秒沈黙までかましたわたくし。
その場にいらしたみなさんをはらはらさせつつ、
精いっぱい、こけしへの愛を語ってまいりました。
青野さん、パーソナリティの鷲塚さん、
愛あるフォローとお話、ありがとうございました。

ただいまカメイ記念展示館では、
「土湯温泉周辺のこけし展」を開催中。



ちなみに先日、同番組にて、
ぼっこの猫空さんはおむつなし育児を語りましたよ。
彼女はおむつなし育児のシンポジウムでも発表し、
たくさんのお母さんたちを勇気づけつつ、
本人も育児も(こけしも)楽しんでいらっしゃる、
いかした母さんです。

ではではみなさま、また!

ノリコ

| こけしぼっこ | 13:01 | - | - |
ころころちゃん


ころりとしたにっこりちゃん。
今野こけし工房さんのこけし。

Oさんの投稿です。

多賀城にあるGallery ・Sin で見つけたそうです。

丸い木地に顔が描かれ、頭に切り込みが入っています。
カード立てになる働き者。 

私の作るこけ玉とこちらのにっこりちゃん。
仲良しになれるかも?!



工人さんの工房を訪ねると、顔だけの子がころりと転がっているのを見かけます。
販売はしていないようで、「遊びで作ってみたんですよ。」とおっしゃります。
いろんな工人さんの顔だけこけし、集めてみたいです。
こけしを手で愛でるのにぴったりなんですもの。



AKO

| こけしぼっこ | 19:00 | - | - |
文鎮 2人組こけし


たこ焼きの妖精みたいなお顔の2人組こけし。
女の子が特に驚き顔。

TOKKOさんの投稿です。

投稿というより先日お会いした時におみやげにいただきました。
ありがとうございます。
南部鉄器の岩鋳の商品。
いわて県産品のお店ららいわて で販売されているそうです。

文鎮なので背中はぺったりと平べったいのですが、ちゃんと自立します。
大きさは6cmほど。
飾るのにも可愛らしいサイズ。

型に流し込んで作られているのでしょうか?
気になります。
その型、お菓子の型としてもいけるかも?!
チョコレートこけしとしていつかお店に並んだら楽しいですねー。

              

                                       AKO

| こけしぼっこ | 09:44 | - | - |
おままごとけし その2

楽しい形のこけし達が。。。




おままごと道具に。



本日はインタビューの2回目。
佐藤英之工人です。
おままごとけしの制作をされました。

本当はメールで質問をし、回答をいただいたのですが、
伝統こけしへの強い想いや、若者への温かい気持ち。
私だけ読むのは申し訳ない気持ちになり、
ぜひこけしファンの皆さんにお伝えすべくインタビュー方式にし、掲載しました。


(AKO)     桑原さんから依頼されて、佐藤さんのおままごとけしのこだわりはなんですか?


(佐藤工人)  桑原セロリさんから、昨年10月頃にオリジナルこけしの製作依頼を受けて、
          彼女が図面を書いたものを受け取って製作をいたしました。
          彼女は美術大学の学生さんで、
                   卒業制作に彼女が大好きなこけしをテーマにしたいとのことでした。
                   ロクロ工作に大変興味がある方で、卒業後は石川県の
                   ロクロ学校に入学したいと今入学に向けてがんばっているようです。


(AKO)      「伝統こけし木地処さとう」さんは去年のこけしのクリスマスツリーをはじめ
           こけし印鑑やこけしマラカスなどわくわくするこけしたちがいっぱい。
           こけしマラカスをはじめて見た時の衝撃といったら!

           そんなわくわくするこけしと桑原さんのオリジナルこけしの作品「おままごとけし」は
           仲良しになれそうですね。  

                    ロクロ学校。。。。
           そういう学校があるのですね。
            知りませんでした。
            そうやって日本の伝統が守られ、若い力が育っていくのですね。        
         
         
(佐藤工人)   将来への希望を持っている若い方を応援したいと思い、協力しています。
          作品はごらんになりましたか?
          実際にロクロ作業をされたことがない分無理なところも多少あるのですが、
                    一生懸命取り組んでおられるすばらしい学生さんだと思いました。

          
(AKO)      若者を応援する気持ち。
          メールでお話をするだけで佐藤さんのお人柄が伝わってきます。
          実際に1つの作品を一緒に作り上げていくことが出来る若者は幸せです。
          想像するだけで私はくらくらするほどです。

         
(佐藤工人)   私としては、基本的には図面どおり製作することを努めました。
          こだわりと言うよりは、図面を元により自然にこけしらしく仕上げる努力をしました。

           具体的に言えば図面はパソコンで作られたものでしたので、
           よりこけしらしく丸みをおびた形にしたり色彩は任されていましたので、
           伝統こけしの配色で絵付けしました。
           そういう部分で伝統こけしのよさが伝わればいいと思ったからです。


(AKO)      デジタルと伝統技術の融合といったところでしょうか?
          
          「伝統」という言葉は時には堅いイメージに感じることもあります。 
          しかし新しいものと伝統をつなげるには昔から受け継がれてきた技術が必要。 
          伝統技術なくして成立しません。
          手作りのものは特にそう感じます。
         
          
(佐藤工人)   私は自分のこだわりを前面に出すことは極力しないようにしています。
           こけしは不特定多数の方が見るわけで、
          私のこだわりがいいという方もいればよくないと感じる方もいます。
          何代にもわたって伝わってきた伝統をきちんと守り、
          その上で自然に自分の個性が出てくればいいと思います。

          もちろん中には師匠のコピーだとか、自分なりのものを作らなきゃだめだという人も
          いますが、それはそれぞれの考え方ですので
          私は自分のこだわりは極力控えたほうが
          将来的に長く続く仕事ができると思っているのです。
          こだわりといえば、こだわらないことがこだわり、ということかもしれませんね。

(AKO)     こだわらないことがこだわり。
          
          佐藤さんのこだわりは、
          こけしを見てわかるものではなく、心で感じるものなのかもしれません。
           

          さて、次の質問です。
          佐藤さんにとってこけしとは?


(佐藤工人)  これは一言ではいえない難しい質問ですね(笑)
         昨日感じること、今日感じること、そして明日思うことは違うので、
         2月25日はこんなこと言ってたという意味で捉えてほしいのですが。
         そしてこれは佐藤英之個人の見解ですので家族はまた違います。
         その点はご理解ください。

                   こけしは私にとって「生きる道しるべ」のようなものです。
                   こけしを通してたくさんの人とつながって楽しむことができる。
                   こけしの仕事で家族が一つになって、毎日楽しく過ごすことができる。
                   こけしの仕事で自分を表現できる。賛否両論ですが評価をされて、
                   また自分を高めていくこともできる。
                   毎日がエンターテイメントですよ(笑)飽きることはないですね。 
                   こけしの可能性は無限大です。


(AKO)           こけしが人とつながるツールになったり、
           家族の笑顔の中心にいたり、自分を表現する世界となったり。。。。
                  
                        
          今こころにある気持ちを言葉で正確に形を作るようにして話される佐藤さん。
           きっとこけしを制作する姿勢と同じなんだと思います。
           じーんとしてしまいました。


(佐藤工人)   伝統こけしがなぜ東北地方にしかないのか?って考えたことありませんか?
                   伝統こけしって、東北人の強く、優しい心が形になったようなものだと思うんです。
                   だから東北人の心には深く根付いてる。
                   私は大阪に10年いたからそのことがよくわかります。
                   そしてこれは世界に通じる大切な文化です。
                   そんなこけしを作って、伝えること。
                   こけしが一人でも多くの人の心を優しくしたり、和らげたりお役に立つ。
                   それによって自分も生かされる。それが私にとってのこけしだと思ってます。


(AKO)          私も仙台に来て2年弱。
         伝統こけしが生活に溶け込むように存在している姿を目にするたびに
         温かい気持ちになります。
                  
         それは東北人の強く優しい心という言葉、すっと心に入ってきます。
         
         こけし、世界にもっと羽ばたいて欲しいと私も思っています。
         素敵なお話をしてくださってありがとうございました。




                                                AKO         

| こけしぼっこ | 08:50 | - | - |
 おままごとけし その1
 

名前の響きも可愛らしいですね。
おままごとけし。
卒業制作で作られた桑原セロリさん、ご本人からの投稿です。
デザインは桑原さん、制作は佐藤英之工人さん。

佐藤さんと言えば去年のクリスマスに六本木でこけしのクリスマスツリーを手がけられたので
関東方面でもああ!と思うかたも多いかもしれませんね。



「大人の美術品から遊び道具として子供の手に返す。」


この考えにきゅぅっとしました。
諸説あるようですが、子供の玩具だったと言い伝えられているこけし。
子供の世界にこけしを再び戻してあげるなんて。
今度はお人形としてではなく、おままごと道具として。

ばらばらにするとお椀やお皿に早変わり。
顔がお饅頭?おむすび?みたいで美味しそう。
てのひらでころころと転がしたくなる。
小さな器は両手でそっと包み込みたくなる。

見ただけで、ああしたいこうしたいとイメージが膨らむのは
美しい形ということも大きく関係しています。
「何代も伝わってきた伝統を守り、その上で自分の個性も自然と出てくればいい。」 (佐藤工人語録)
確かな技術とその想い。
それなくしては手に取りたいと思わせる美しい形にはならないと思うのです。



お2人の足元には全く及びませんが、私もモノつくりをする身。
こんな素敵な作品を作られたお2人はどんなかたなんだろう?と興味津々。
連絡をしたところ素敵なメッセージをいただきました。
抜粋して掲載するのはもったいない!
なのでインタビュー形式にしてみました。

まずは桑原さんから。

(AKO)    好きなこけしはなんですか?


(桑原さん) 遠刈田こけしです。
        鳴子のような優等生フェイス(に私は見えます)もいいのですが
        目が何かをたくらんでいるような、いたずらっ子のような顔が好きです。
        

(AKO)   あのにんまりとした目は確かに企んでいますね!
        ちょっと悪い事かもしれません。
        個人的にはそうあって欲しいと思っております。



(桑原さん) 今回は新しいこけし製品の提案ということで、デザインと図面を書き
        弥治郎系のこけしを制作される佐藤英之さんにお願いしました。
        返しろくろ模様のあるこけしは三段のお重箱になります。
        三段のお重が一組の模様になるようにと、
        今回は特別に返しろくろ模様を入れてくださいました。


(AKO)   弥治郎系の模様と特別なろくろ模様の合わせ技とは!とっても贅沢!
        ばらばらになって、それが小さく収納できるというのも楽しいですね。
        こけし好きではなくても、そういった雑貨が好きな人は多いはず。
        こけしを雑貨ととらえるのも今どきのこけしを感じます。


        さてさて、次の質問です。
        こけしに興味を持ったきっかけはなんですか?


(桑原さん) 祖母の家にあった1体のこけしです。

        何のために作られたものなんだろう???から始まり勉強しました。
        こけしが子供の遊び道具と知った時、とても感動しました。
        木の温かみ、豊かな表情、面白い仕掛け・・・さまざまな表情をするこけしたち。
        このような遊び道具を与えられて、当時の子供達はとても豊かだと思いました。

        皆にこけしを知ってもらいたい、伝えたい、自分の出来ることは何かと思い
        新しいこけしの提案をしました。
        これからも伝統やこけしの魅力を伝えながら楽しく制作していきたいと考えています。


(AKO)   きっとおばあ様のこけしから魅力的なオーラが出ていたのでしょうね。
        伝えたいと思う気持ち、そして自分の出来ることは何かをお考えになられるなんて。
        桑原さんの感性、眩しくてきらきらしています。
        これからのご活躍を楽しみにしております!
        本日はありがとうございました。



おままごとけしは展示会に出展されるそうです↓↓
    
      
        
多摩美術大学造形表現学部デザイン学科卒業制作選抜作品展
■期間 2010.3.1~3.7
■時間 10:00~19:00(最終日17:00)
■場所 3331 arts chiyoda
webサイト

        


次回は佐藤英之工人さんにインタビュー。
お楽しみに。




AKO
    
| こけしぼっこ | 21:49 | - | - |
花巻こけしボトル
 

優しいお顔のキナキナ。
喜久盛酒造株式会社のお酒です。

ASSOBOOさんの投稿です。

花巻にある母ちゃんハウスだあすこにて発見。
だあすこは産直品が揃うお店。
煤孫さんの工房を訪れた時に私も行った事があります。
でもその時には気がつきませんでした。

広い店内に豊富な食材。
テンションが上がります。
あまり見かけたことのない野菜がずらり。
見ているだけで自然食材オーラを浴びて健康になれそうです。

この子はたっぷりとお酒を飲んでいるはずなのに平然としております。
こう見えて酒豪なのかも。

ASSOBOOさんは遊び心溢れるお洋服を作られる女性デザイナー。
鈴の音が鳴るようにお話される姿は本当に可愛らしいです。
見ているだけでわくわくするデザインは確かな技術のなせる業。
ぜひ皆さんもサイトをチェックしてみてくださいね。



AKO


| こけしぼっこ | 16:58 | - | - |
イサム・ノグチ コケシ
 

鎌倉の神奈川県立近代美術館にある首の長ーいこけし。
イサムノグチの作品、「コケシ  御影石 1951」。
Tさんの投稿です。

私は2年前まで神奈川県に住んでいましたが、
まだその頃はこけしアンテナが立っておらず、こけしの作品を見たことがありませんでした。
イサムノグチと言えば彫刻。
そしてあかりシリーズの和紙を使った照明やコーヒーテーブル。
近代アートのすごい人というかなり漠然とした情報しか知らず。

アートの世界にこけし。
伝統こけしとはひと味ちがいますが
和を意識した彼の作品の中にこけしがいるというのは自然に思います。
でもネーミングはこけしでなく、コケシ。
なんといってもイサムノグチ、ですものね。


ものすごい笑顔のにっこりちゃんと無表情ののっぽ君。
並んでいるのに2人の間に距離を感じます。
きっとのっぽ君はこれからにっこりちゃんに告白をするのでしょう。
極度の緊張のためにそんな表情になったと思われます。
その恋、成就しますように。



AKO





| こけしぼっこ | 10:05 | - | - |
Page: 2/3  << >>

     
     こけしぼっこ












こけしぼっこ

画像



こけしぼっこは、
おとなも子どもも
皆でこけしをたのしむ会。
こけしのふるさと
仙台に住む
こけしを愛する3人組で
かわいいこけしの
今・昔
お伝えします。

2011年、仲間たちとの
こけし劇もはじまりました。

お問い合わせ・メッセージは
こちらまで
どうぞ。

twitter

画像







考えるテーブル
こけし、かだる?


こけしと私の出会いを語り、
こけしと誰かの出会いに耳をすます

こけし、かだる?は
工人さんの話をうかがいながら、
参加者のみなさんと
こけしとその周辺について
語り合う場です。

協働 せんだいメディアテーク


画像



小冊子
こけしの旅の本

こけしの旅の本


お取り扱い店

宮城
鳴子温泉
日本こけし館
仙台
火星の庭
カメイ美術館
stock
coco-chi
秋保工芸の里玩愚庵こけし屋
せんだいメディアテーク
カネイリミュージアムショップ

北海道
札幌
トロニカ
旭川
simple
盛岡
hina
福島
土湯温泉 ひさごCAFE
福島市うさぎや
three STUDIO / GALLERY
東京
神田  書肆ひやね
中野  タコシェ
神保町 東京堂書店
南青山 BOOK246
立川  PAPER WALLエキュート立川店
雑司ヶ谷 ひぐらし文庫
金沢
Lykkelig
京都
恵文社一乗寺店
レティシア書房
名古屋
ON READING
大阪
23番地.

こけしの旅の本についての
お問い合わせは
こちらまでどうぞ



画像



こけしぼっこ"


Entry

Archives

Category

こけしLink(五十音順)

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links