スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
Entry: main  << >>
こけし小噺第三回 「瀬谷親子のたこぼうず」
 暑中お見舞い申し上げます。
皆様いかがお過ごしでしょうか。
東北の夏をナメきっていた猫空でございます。
ウチはクーラーないものですから、
暑くて暑くてね〜。
私はふんどし、息子はフルチンですごしております。
大人も子どもも股間の風通しって大事ですよね。
急な来客には居留守を使っている今日この頃。

さて、相変わらず蝸牛ペースのこけし小噺。
今回は、私とたこぼうずの出会いについて、語らせていただこうと思います。
そもそもこの連載は、私たちがこけしについて学んだことを、
皆様にお伝えすべく始まったものですから、
私の個人的な体験をつらつら書くことに、少々ためらいがございます。
しかし、私がたこぼうずにとりつかれるきっかけとなった、
あれをどうしてもご紹介したく、筆をとりました。
どうかご容赦くださいませ。

問題のたこぼうずがこちら。




出会いは、いつものこけし旅の途中、遠刈田のあるこけし屋にて。
段ボール箱の奥に気配を感じ、がさがさ新聞紙をかき分けてみると、
そこにいたのは、見たことのない奇妙なこけしでした。
かっと見開かれた瞳に、赤い隈取、毒々しい胴模様。
まだたこぼうずの存在を知らなかった私にとって、
この子はとんでもないフリークスに見えました。
少々興奮気味に、店主氏にこの子の生みの親についてたずねると、
「ああ、瀬谷幸治さんね。病気になってもう作ってないよ。」というつれないお返事。
ご病気とはお気の毒に。
周りを見渡してみると、似たような顔立ちの子があちらにもこちらにも。
いやいや、落ち着け、他にも心打たれるこけしがあるかもしれぬ、と、
この子をそっと段ボールの中にもどし、店内を一巡。
またまた背後にただならぬ気配を感じ、おや、これはどなたの作だろうと、
裏を見ると、「瀬谷幸治」の署名。
瀬谷幸治!ここまで私の心を震わすとは一体何者!?
悩んだ末に、最初に手にしたこの子を連れて帰りました。

瀬谷幸治は、昭和27年3月19日、こけし工人瀬谷重治の長男として生まれます。
昭和47年、20歳のときから、父について木地修行に明け暮れ、
たこぼうず界若手のホープとまで呼ばれるように。
カメラに向かって晴れやかな笑顔を向けた写真も残されています。
しかし、そんな幸治を徐々に病魔が蝕みます。
今ではこけし製作からも遠ざかり、療養の日々を過ごしているのだとか。
残念です・・・。本当に残念です・・・。
幸治さんのこけしからにじみ出ているアンバランスさ。
私はそいつにいつもぞくぞくしているのです。
几帳面さと大胆さが同居し、緻密かと思いきや奔放な筆運び。
何かを見ているようで何も見ていないその視線。
その視線を追う内に、気がつけばここは知らない世界。
幸治さんが作るこけしは、異界への水先案内人なのです。

ちなみに、幸治の父、瀬谷重治は、芳蔵から教えを受けました。
その作風は「一様に穏健で平凡」と評されましたが、
いやいやどうしてどうして。
福島土湯で出会った重治さんのこけしは、
そんな評価を吹き飛ばす狂気の表情を見せていました。
こちらが重治さんのこけし。



善吉、芳蔵と同じく、こけし工人親子だった重治さんと幸治さん。
ノンシャランなたこぼうずの系譜を受け継ぎ、
数々の怪作を残しています。
しかし、重治さんは、平成16年、80歳でこの世を去り、
幸治さんは、いまだ病気療養中です。
あぁ、こんな、こんな、ぞくぞくするこけしを作っているのに〜。
もったいない。ああ、もったいない。
どうか一日も早いご回復をお祈りしています。
幸治さん!カムバーック!カームバーック!!!!

では今回の小噺はこの辺で。


猫空著


| こけしぼっこ | 23:55 | - | - |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | 23:55 | - | - |

     
     こけしぼっこ












こけしぼっこ

画像



こけしぼっこは、
おとなも子どもも
皆でこけしをたのしむ会。
こけしのふるさと
仙台に住む
こけしを愛する3人組で
かわいいこけしの
今・昔
お伝えします。

2011年、仲間たちとの
こけし劇もはじまりました。

お問い合わせ・メッセージは
こちらまで
どうぞ。

twitter

画像







考えるテーブル
こけし、かだる?


こけしと私の出会いを語り、
こけしと誰かの出会いに耳をすます

こけし、かだる?は
工人さんの話をうかがいながら、
参加者のみなさんと
こけしとその周辺について
語り合う場です。

協働 せんだいメディアテーク


画像



小冊子
こけしの旅の本

こけしの旅の本


お取り扱い店

宮城
鳴子温泉
日本こけし館
仙台
火星の庭
カメイ美術館
stock
coco-chi
秋保工芸の里玩愚庵こけし屋
せんだいメディアテーク
カネイリミュージアムショップ

北海道
札幌
トロニカ
旭川
simple
盛岡
hina
福島
土湯温泉 ひさごCAFE
福島市うさぎや
three STUDIO / GALLERY
東京
神田  書肆ひやね
中野  タコシェ
神保町 東京堂書店
南青山 BOOK246
立川  PAPER WALLエキュート立川店
雑司ヶ谷 ひぐらし文庫
金沢
Lykkelig
京都
恵文社一乗寺店
レティシア書房
名古屋
ON READING
大阪
23番地.

こけしの旅の本についての
お問い合わせは
こちらまでどうぞ



画像



こけしぼっこ"


Entry

Archives

Category

こけしLink(五十音順)

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links