スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
こけし俳句に投句あり
あら?もう秋来ちゃったんですかね?
仙台のこの涼しさは、一体どうしたことでしょうか。
先日までの猛暑はどこへやら、
夜は毛布を引っ張り出して、くるまっている猫空です。

夏、戻ってこーい!と叫ぶ今日この頃、
じりじりと照りつける太陽を思い出させてくれる俳句が
やってきました。

ぽっぽ堂さんからの投句です。



炎天下 いよいよ細き こけしの目
 
窓際の こけしが耐ゆる 大西日   



いや〜、暑い!暑いですね!
陽炎の中にユラユラと浮かぶこけしの姿が目に浮かびます。
その姿はまるで白昼夢。
日傘か麦藁帽子をかぶせてやりたい気分ですが、
こけしは私のような軟弱モノと違って、
暑い、暑い、と口走ったりしないのです。
冬の風雪にも、夏の日差しにも、ただただ無言で、じっと耐えるのみ。
そんなこけしの忍耐強さがよく表れていますね。



ちなみに、私の部屋にも、西日が差し込むのですが、
その暑苦しさといったらもう、畳も燃えるようです。
今年は流行のグリーンカーテンで、少しでも涼しく、と思い、
フウセンカヅラを植えてみたのですが、
茂り具合がイマイチ足りず、あまり頼れそうにありません。
うーん、やっぱりゴーヤにしておけば良かった。


ではでは、ぽっぽ堂さん、暑い俳句をありがとうございました。
こけし俳句、引き続き絶賛募集中です!
投句は俳号をそえてこちらまで→kokeshibokko@gmail.com

暑い投句お待ちしております!


猫空
| こけしぼっこ | 14:07 | - | - |
こけし俳句 蔵王吟行
 久しぶりに3+0.5人がそろったこけし旅。
今回は特に目的もなく、ぶらりぶらりと気の赴くままに。
カレーを食し、ペレットストーブとの出会いに興奮し、
こけし屋さんのレアなセレクトに、盛り上がった旅でした。

AKOさんは、隙があれば背後でつぶやいてるし。
会長は、ここは、というこけし屋、土産屋の探索に余念がなく。
私はといえば、せっかく蔵王に来たなのに、なぜかたこ坊主ばかりが目にとまり。
そういえば、天童に行ってもたこ坊主を買ってたような・・・。

最近、瀬谷重治さんのたこ坊主が、かわいくて仕方ありません。
もともと、息子さんの幸冶さんのたこ坊主が大好きなのですが、
最近、重冶さんのたこ坊主が光って見えます。
油が抜けきった感じと申しますか、
悟りを開いたような表情をしているたこが、ちょくちょく見受けられ、
その度に、興奮のあまり荒くなる息を抑えつつ、店主氏に売り物か尋ねております。
お返事は大抵ノーなんですけどね。
あ〜、私が店主でもこれは売りたくないなぁ、と思いますので、
あっさり引き下がっているのですが、
帰りの車中で、たこの顔を思い浮かべて、危ない想像をすることもあり。
せめてこけしに目覚めるのが10年早ければ、と思います。

では、そんな思いをこめて、今回のこけし俳句です。


五月雨や それは売らぬと 老女言ひ


今回はこの一句に尽きます。


こけし俳句、絶賛募集中です。
投句は、俳号をそえてこちらまで。→mailto:→kokeshibokko@gmail.com
お待ちしております!


猫空
| こけしぼっこ | 12:37 | - | - |
こけし俳句 天童にて
こんばんは。
猫空です。
今日は粉雪の舞う天童に行ってきました。

先にお昼を蕎麦屋さんで済まして、まず水戸さんの工房へ。

にっこりほっこり笑顔で迎えてくれる、
全長3cm足らずの豆こけしたち。
ああもう、小さいというだけでもかわいいのに、
一つ一つ顔も胴模様も違うんですもの!
これが興奮せずにいられましょうか。


そして私、また出会ってしまいました。
ダンボールの隙間からのこっちを見ているたこ坊主と・・・。
むむむ、このたこには見覚えがあるぞー。
もしやこれは?!と、ひっくり返すと瀬谷重冶さんでした。
あぁ、瀬谷親子はなぜこうも私のハートを震わせるのでしょうか。
興奮のあまり、しどろもどろになりながら、
水戸さんにお願いし、無事連れて帰ることができました。


水戸さん、いろいろとありがとうございました!

それから近くの会田さんの工房にお邪魔してきました。
まるで味噌パンのように分厚いこけしちゃんの看板が、玄関でお出迎えしてくれます。


こちらは、小さな博物館になっていまして、
将棋や昔の木地玩具も見ることができます。
会田さんは、今年82才になられるとは思えぬほどお達者です。
戦後のどさくさ時代の貴重なこけし話をたくさん教えていただきましたが
(山形から仙台まで自転車でこけし売りに行ってた、とか)、
「えーっと。」と言いよどむことは一度もなく、
笑いが絶えないひと時でした。

そしてまた、ここでも衝撃の出会いが!
なんと、耳付きのこけしちゃんがいたのです!


耳付き。初めて見ました。
会田さんのオリジナルかと思いきや、
そういう型があるのだそうです。へー、知りませんでした。


表情も何とも言えない素朴なかわいらしさにあふれていて、
会長とAKOさんをノックアウト。
会長とAKOさん、彼女たちにお土産の花傘をかぶせて撮影会。



ああ、やっぱりこけし旅って最高。
心地よい疲労感を覚えながら、天童を後にしました。


ではでは、今回のこけし俳句。


猫の声 吾子が目を上げ 蕎麦すする

豆こけし つまみて返して 春の雪

淡雪や こけし看板 真黒し

春火鉢 昔語りに 笑み絶へず

亀鳴くや こけし転びて 耳すます




こけし俳句、絶賛募集中です。
投句は、俳号をそえてこちらまで。→mailto:→kokeshibokko@gmail.com
お待ちしております!


猫空

写真
ノリコ


| こけしぼっこ | 21:51 | - | - |
こけし俳句に投句あり

こんにちは。
猫空です。

毎朝息子と出勤している公園の東屋では、
おじいちゃんずがワンカップ片手に語り合っています。
冬の間は、お見かけしなかったのですが、
近頃の陽気に誘われたのか、おじいちゃんず再び。
たまに夫婦和合の秘訣など、きわどい話題を振られますが、
息子もうまい棒をもらったりして、
そこそこ友好的にお付き合いしております。
いやー、春ですね。


先日ご紹介した緋寒桜さんから、
ふたたび投句していただきました。
ありがとうございます!

汝(な)も吾(われ)も 木(こ)の花也と 梅と木偶

窓ガラス越しに見つめあう梅の花とこけし。
梅の花の凛とした佇まいに、憧れを抱いているこけし。
でも、話しかけるなんて、恐れ多くてできない。
ある日、一輪の梅の花が、散り際にこけしに向かってつぶやく。
「あなたも私も、木の花よね。」
感涙にむせび泣くこけし。

という情景を想像いたしました。

梅の花との語らいも、あとわずか。
梅が去れば、本格的に春がやってきます。

| こけしぼっこ | 13:46 | - | - |
こけし俳句に投句あり

春らしいお天気が続く仙台。
この陽気につられて、冬物をクリーニングに出してしまい、
毎年三月に降るドカ雪に震えている猫空です。
油断禁物!

今日は仙台で発行されているフリーペーパーapetopeさんの取材を受けました。
「たぶん音楽系フリーマガジン」という但し書きがついているフリーペーパー。
ひじょ〜に内容が濃く、私たち三人とも大好きです。
どんなとんがった人が作っているのかと、どきどきしておりましたら、
お会いしてみると、ほんわかしたかわいらしいお嬢さんでした。
こけしぼっこのトークがどう紹介されるのか楽しみです!


さて、早速こけし俳句に投句いただきましたので、
ご紹介いたします。
俳号緋寒桜さん。


雨水過ぎ こけしも梅を 纏ひたる
 
こふけしの 笑みに映りぬ 花の兄


円熟味を感じます。
こけし愛好歴も長いのでは、とご推察いたします。
どちらも春の訪れを感じさせますね。
こういう俳句を見ると、心にも春がやってきたような気分になります。
春の陽気にこけしがたたずむと、
浮かれた気分に、一抹の寂しさが混じるような気がします。

緋寒桜さん、ありがとうございました!
またの投句お待ちしております!


猫空

| こけしぼっこ | 14:57 | - | - |
こけし俳句 定義にて


猫空です。
お天気が続いてテンションあがってます。


昨日のこけし旅は、平家落人の里として有名な定義山。
胴模様にわらびが描かれた有路さんのこけしを求めて。
お天気もよく、ピクニック気分で浮かれていたら、
定義に向かう道中、雪の深さと会長の車の断末魔にびびりました。
油断禁物。
無事、有路さんにもお会いでき、
定義名物油揚げを買い、やきめしを食し、
帰りに薪窯ピッツァのL`Alberoで、ピッツァ三昧。
ついでにぼっこ会議をして爆笑。
今日はちょっと顔と腹筋が痛いです。




さて、今回も五七五に合わせてシャウト!


春泥に ハンドルとられ ダム白し

暗がりに 蕨こけし 萌え出づる

参道に 羅漢果売りの 声染みて

こけし等が 内緒話の 春障子

春野菜 踊る踊るよ ピッツァの上で


ではではこけし俳句絶賛募集中。
俳号をそえてこちらまで
kokeshibokko@gmail.com
お待ちしております!





猫空

写ノリコ
| こけしぼっこ | 13:51 | - | - |
こけし俳句に投句あり

いつもいつもぼっこの活動を見守ってくださり、
ナイスなこけし情報をお寄せくださるT島さん、
俳号碧蝉さんから投句がありました。


かなかなや 恋われし日々を 思いだし 

横菊の ささげたる掌に 願い見ゆ 
もみじ葉や 胴の朱赤を 剥がしたし 


せ、せつないです。特に一句目。
こけし供養に出されたこけし達の「こんなはずじゃなかったのになぁ。」
という表情を思い出します。
かなかなとの相乗効果でせつなさが極まっております。

横菊を合わせた手のひらに見立てて詠まれた二句目。
こけしは一体何を願っているのでしょうか。
・・・世界平和?
私のこけしアンテナが、世界平和に違いないと言っております。

「胴絵のもみじ絵って、爪で剥がしたくなる・・・。」
いつものようにこけしを眺めていたら、
ふとそんな衝動にかられた碧蝉さん。
剥がしたい・・・いや、剥がせない・・・剥がしたい・・・いや無理無理・・・。
胴を撫でつつ、かりりと爪を当てそうになる一瞬。
こけしを感触で愛でている内に、到達した境地なのでしょう。


私もこけしを擬人化して俳句に詠みたい!と思っているのですが、
こけし愛が足りぬせいか、なかなか難しいのです。
もっと修行せねば!

碧蝉さん、ありがとうございました!
来年は鳴子こけし祭りにぜひ!

皆さんからのこけし俳句、絶賛募集中です。
俳号を添えてこちらまで→kokeshibokko@gmail.com
お待ちしております!


猫空

 
| こけしぼっこ | 22:20 | - | - |
こけし俳句

皆様、こんにちは。
仙台もようやく秋めいてまいりました。
あの灼熱の鳴子こけし祭が、
数ヶ月前の出来事だったような錯覚をおぼえます。
今回の一番の収穫は、会場にて入手した「短歌・俳句・感想文」集。
皆様の静かなこけし愛が、文学の形に結晶しております。
来年は私も投句せねば!

ところで、私事で申し訳ないのですが、
この度は、1歳の息子を連れての初のお泊りということで、
色々どきどき、大荷物の鳴子入りでした。
ひやりとする場面もあったものの、
ぼっこメンバーや同行した友人たち、後藤さんやcochaeさんにまで
遊んでいただき、息子も終始ご満悦でした。
本当にありがとうございました。


さて、こけし俳句。
あの濃ゆい二日間を、五・七・五のリズムに乗せて、
今日もシャウト!


天高し 引き戸の向かうに 麺麭香る

秋の野を ゆるゆると行く こけし旅

白壁に 影を残せし 芒かな

秋の宵 湯にまどろみて 時過ぎぬ

長き夜や 千鳥足の 友を待つ

秋日向 こけし追ひたる 吾子を追ひ

振り向けば 瑞々しさよ 梨の肌

老工の 手にうずくまる えじこかな

湯上りの 髪を揺らすは 秋の風

秋の燈に 家路急かるる 名残惜し


こけし俳句、絶賛募集中です。
投句は俳号をそえて、こちらまで→kokeshibokko@gmail.com
皆様の投句、お待ちしております!




| こけしぼっこ | 14:07 | - | - |
こけし俳句に投句あり。

土湯で入手したえじこ(たこぼうずバージョン)を持て余し気味の今日この頃、
皆様いかがお過ごしですか。
会長の「あなたにはこれを買う責任がある。」という言葉に、乗せられて、
連れ帰ってきたものの、やはりただならぬ妖気を感じます。
むむぅ・・・。どうしたものか・・・。

さて、こけし俳句に投句がありました。
まだまだこけしビギナーな私達仙台こけしぼっこを、
いつもあたたかく導いて下さる青葉こけし会の桑永義正さんからです。


老工の こけしの里の 水緩む

笑みこけし 求めて旅路 木々萌ゆる

梅こけし 一人暮らしの 友となり

湯の町に 生まれこけしの 菊模様
 
迷いつつ 訪ねし工房 山笑う


こけし旅への静かな高揚感が伝わってきます。
こういう印象的な季語の使い方、ぜひ見習いたいものです。
こけしぼっこのこけし旅は、
いつもてんやわんやと申しますか、
爆笑しながら爆走して一日が終わるのですが、
桑永さんのこけし旅はきっと違うのでしょうね。
この俳句からも熟練者の余裕と落ち着きを感じます。

どれもこれも素晴らしいのですが、
どれか一つ選ぶなら、五句目でしょうか。
新たなこけしとの出会いを求めて、工房を訪ねる桑永さんを、
こけしを生んだ山全体が歓迎しているような、そんなあたたかい気持ちになる一句です。


投句していただいて、本当にありがとうございました。
またの投句をお待ちしております!


こけし俳句は、俳号をそえて、こちらまで。
kokeshibokko@gmail.com


猫空

| こけしぼっこ | 20:59 | - | - |
こけし俳句に投句あり
最近の愛読書は山本健吉編集の歳時記『季寄せ』。
暦の上では春でも今日の仙台はどか雪。
季語と窓から見える景色のギャップに悩む、
こけし俳人猫空でございます。

さて、今年最初のこけし俳句のご紹介です。
いつも関東方面のナイスなこけし情報を教えてくださるTさん、
俳号碧蝉さんからの投句です。 


梅二輪 こけしの頬に ほころびぬ

こけし棚 影のみ香る 梅月夜

的れきと 白梅咲けり 雛の衣

木の花や にぎれば堅し こけしかな


梅をお題に詠まれたそうです。
風雅ですね〜。
ご近所の氏神さまの鳥居脇に、立派な紅梅白梅があるそうです。
うらやましい環境です。
この時期に梅が咲いているというのもうらやましい。
仙台はまだまだ先でしょう。

個人的には、二句目が好きです。
月明かりに影を濃くするこけし棚と、どこからともなく漂ってくる梅の香り。
夜中にふと目が覚めた時に、詠まれた句なのでしょうか。
こけし棚には一体どんなこけしが並んでいるのでしょう。
碧蝉さんの部屋の光景が目に浮かびます。
こけしと梅が絡むと、こういう隠微な雰囲気のこけし俳句もできるのだなぁ、
と勉強になりました。


そして、いつもお世話になっている切り紙の巨匠Nさん。
近頃、木工にも手を染められ、肩書きがどんどん増えつつあるNさん。
俳号金魚さんからも投句がありました。
ちなみに「金魚」とはNさんの大学時代の渾名で、
「室生犀星の『蜜のあわれ』の金魚みたいなかんじ」だそうです。
というわけですから、以下の俳句は、
一人称が「あたい」のコケティッシュな金魚が喋っている、
と思いながら声に出して詠むと、可笑しさが増します。


こんにちは 心の中で おじぎする

かなしばり ふだんどおりに かなしばり


てっきりこけしとの会話を詠まれたものだと思っていたのですが、
Nさんにお聞きしたところ、「こけしになったと思って詠んだ」ということです。
・・・なんと超現実的な発想でしょうか。
「こけしになったと思って」詠まれた俳句。
これこそこけし俳句の中のこけし俳句。
Nさんにはいつも驚かされっぱなしです。
合点がいった後に詠んでみると、一層味わい深いものがあります。
特に二句目。
こけしが金縛りに遭っていたとは、気付きませんでした。
金縛りが解けた時、こけしがどういう体勢になるのか気になるところです。


今回も、たくさんの投句をありがとうございました。
またの投句をお待ちしております!

こけし俳句は俳号をそえて、
こちらまで→kokeshibokko@gmail.com
| こけしぼっこ | 10:18 | - | - |
Page: 1/2   >>

     
     こけしぼっこ












こけしぼっこ

画像



こけしぼっこは、
おとなも子どもも
皆でこけしをたのしむ会。
こけしのふるさと
仙台に住む
こけしを愛する3人組で
かわいいこけしの
今・昔
お伝えします。

2011年、仲間たちとの
こけし劇もはじまりました。

お問い合わせ・メッセージは
こちらまで
どうぞ。

twitter

画像







考えるテーブル
こけし、かだる?


こけしと私の出会いを語り、
こけしと誰かの出会いに耳をすます

こけし、かだる?は
工人さんの話をうかがいながら、
参加者のみなさんと
こけしとその周辺について
語り合う場です。

協働 せんだいメディアテーク


画像



小冊子
こけしの旅の本

こけしの旅の本


お取り扱い店

宮城
鳴子温泉
日本こけし館
仙台
火星の庭
カメイ美術館
stock
coco-chi
秋保工芸の里玩愚庵こけし屋
せんだいメディアテーク
カネイリミュージアムショップ

北海道
札幌
トロニカ
旭川
simple
盛岡
hina
福島
土湯温泉 ひさごCAFE
福島市うさぎや
three STUDIO / GALLERY
東京
神田  書肆ひやね
中野  タコシェ
神保町 東京堂書店
南青山 BOOK246
立川  PAPER WALLエキュート立川店
雑司ヶ谷 ひぐらし文庫
金沢
Lykkelig
京都
恵文社一乗寺店
レティシア書房
名古屋
ON READING
大阪
23番地.

こけしの旅の本についての
お問い合わせは
こちらまでどうぞ



画像



こけしぼっこ"


Entry

Archives

Category

こけしLink(五十音順)

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links