スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | | - | - |
こけしリーフレット
もうあのイベントから2週間以上たつのですねえ。
早いものです。

ぼっこメンバーもたくさんの来場者にびっくりし、あわあわ過ごしたあの日。
残念無念だったことが2つ。
1つ目。
それはせっかく準備していたカフェができなかったこと。
あの美味しいこけし月餅が!
美味しい台湾のお茶が!

試作を重ねて準備したというのに。。。。
これは何かの形で皆様にお披露目したいです。
私は食べ物担当ではありませんが、勝手にそう思っております。


2つ目。
それはカフェスペースで閲覧できるように桑原セロリさんに作っていただいた
リーフレットを会場で紹介が出来なかったこと。
あの飄々こけしを見ていただきたかった。。。

と、言うわけでセロリさんに了解を得て、ブログで皆さんに紹介いたします。
ぜひ読んでくださいー。

彼女の引き出しはまだまだあります。
先日こけしアニメーション(ほんの数秒)を見せてもらいました。
くだらない映像の中にこだわりも感じる部分があるのです。
いつかまたそれも紹介したいと思います。

まずはリーフレットを堪能してくださいね。

AKO





 





| こけしぼっこ | 21:54 | - | - |
「こけしと旅と本」 Ootomo miyuki さんのこけしアクセサリー
 
いよいよ明日からはじまります。
会場は、こけしの森をイメージしたものに仕上がりましたよ〜!
ナカジマアヤコさんのこけしフラッグが
こけしの森にぷらぷら下がっております。

会場のギャラリーライトソースは、
仙台メディアテークのすぐ裏手。
メリーズセレクションさんの赤いドアの向かいに、
桃色のこけし提灯がぶらさがっております。
作並の平賀輝幸工人が、
白色提灯を桃色に染めて、絵付けをしてくださいました。
桃色こけしの提灯目印においでくださいませ。
平賀輝幸工人のこけしもならびます★


Ootomo miyukiさんの
アクセサリー。


(写真:Ootomo miyukiさんにお借りしました)

去年のぼっこのブース出展のときに大人気だった、
Ootomo miyukiさんのこけしネックレス。
「こけしと旅と本」ではブレスレットも登場します。
昔の復十字シールを樹脂でとじこめたこけし顔のモチーフは、青と白の二色。
miyukiさん絵付けのこけし人形もついてます。
アジャスターがついているので
お好きなところにぶら下げて楽しんでください。
青ブレスの先っちょには「日本」の文字つき。
復十字シールの一部なのです。
がんばれ日本〜。


ではではまた!
明日もし会場にいらっしゃいましたら、
ぼっこの3人この↓顔つけてます。





ぜひお声がけくださいませ。


ノリコ




| こけしぼっこ | 22:49 | - | - |
「こけしと旅と本」 ようこさんのこけし刺繍バッグ
 
「こけしと旅と本」こけし雑貨部門
ラストスパート★
日々こけ のようこさんの
こけし刺繍バッグをご紹介します。



高幡不動の喫茶たんたんマスター秘蔵の
こけし絵(工人さん描)からおこした図案をもとに、
一針一針丁寧に刺繍されたこけし。
こけしの染料は、工人さんが自ら色をまぜ
作り出していることも多く、
同じ赤でも工人さんによってその色合いは微妙に違います。
原画にできるだけ沿うように
刺繍糸の色も細かに変えつつ
糸の線で完成されてゆくこけしの姿。

  

  

ようこさんのバッグの
もうひとつの楽しみどころは、
バッグの裏布。
ようこさんとその娘こけ娘ちゃんが、
骨董市などで集めたこけしの柄の古布が使われています。
今回こけしぼっこ用に、
贅沢にも裏布全体・古布バーションで作っていただきました。



美しいこけし刺繍のバックからちらちら
ふざけた模様の古布がのぞきます☆


★ワークショップ残席のおしらせ
「こけし工人さんとこけしを作ろう」

6月26日(土)
11:00〜 満席
13:00〜 満席(お茶・お菓子つき)
16:00〜   満席
6月27日(日)
13:00〜 残1席(お茶・お菓子つき)

「万緑のこけしぼっこ」
〜こけ玉つくりとこけし茶会〜

6月26日(土)15:00〜  残1席
6月27日 (日)15:00〜   満席

残1席づつとなりました。
27日の絵付け体験は、
他の時間でのご予約も可能です。



ノリコ
| こけしぼっこ | 07:43 | - | - |
「こけしと旅と本」 たまになさんのこけしフォト葉書
 
怒濤のブログ更新
なんと本日3つめの記事となります。

つづいては
たまになさんのこけしフォト葉書のご紹介。

青葉こけし会のなかまninaさんは、
フォトグラファーであり絵描きさん。
そしてこけしを愛するひと。




写真にもその絵心が感じられます。
工房をたずね撮影した写真を、葉書に仕立ててくださいました。
こけしの頭の中の呟きが、ぼそぼそきこえてきそう。



通信面には、はがきのこけしの工人さんのお名前と、
工房の住所が記載されてます。
このこけし(3D)に会いたくなったら、
お手紙書いて、訪ねてみてはいかがでしょう。


明日からいよいよ会場にて、
こけしと旅と本 準備がはじまります★
赤帽さんにも出動いただき、朝から什器を運びます。
あと3日です!


★おしらせ★
本日6月23日の河北新報さん夕刊に、
仙台こけしぼっこの記事が出ているようです。
「笑ってください」と名指しされたAさんは
さて笑ってるかどうか。


ノリコ
| こけしぼっこ | 17:43 | - | - |
ワークショップ最新情報

素敵なイベントになるように、毎日朝3時・4時に起きて制作。
パン職人のような日常を過ごしているAKOです、こんにちは。
物事は陰陽。
陰の日々を過ごしつつ、陽イベントへのゴールを決めるべく修行の日々です。


さてさて、ワークショップの最新情報です。

「こけし工人さんとこけしを作ろう」

6月26日(土)
11:00〜 満席
13:00〜 満席(お茶・お菓子つき)
16:00〜 満席


6月27日(日)
13:00〜 残1席(お茶・お菓子つき)


27日は佐藤英之工人だけでなく
なんと!誠孝工人、美喜子工人もいらっしゃいます。
贅沢ですねえ。

27日13:00からのワークショップは残り1名となっております。
年長さん以上であればお一人参加も大丈夫。
絵付け体験は都合のよい時間に対応させていただくことが可能です。
こちらの場合、お茶はつきませんが小さなおみやげつき(1200円)です。
人数に限りがございますので、
ご希望の時間がございましたら前もってご予約ください。







「万緑のこけしぼっこ」
〜こけ玉つくりとこけし茶会〜

6月26日(土)15:00〜  残1席
6月27日(日)15:00〜  残3席

去年の春に行われたこけしパーティ、通称こけパー。
お客様にも体験していただこうと思っております。

去年の様子↓



こちらはカメイ記念展示館の学芸員のAさんがこけしのお話をしてくださっているところ。
今回のイベントではきっとノリコさんのこけし旅の話や、
猫空さんのこけし菓子完成までの秘話なんかが聞けるのではないでしょうかー。



こけし茶会ではこけし月餅が登場します。
まだまだ月餅の試作は続いているそうです。
私が試食した時だって素晴らしい出来栄えだったというのに。
期待が高まります。
台湾のお茶と共にゆるりとお過ごしください。







こけ玉つくりのワークショップ

ころころころ。
のっぺらぼうのこけ玉を「私のこけ玉」に仕上げていただきます。
皆で同じものを作る楽しさ、仕上がりは全然違うものになるであろう面白さを
感じていただきたいです。





キットをご用意いたします。
いろんな色の羊毛を詰め合わせました。
どんな系統のこけしも作れるように。
小さなこけ玉に自分の世界を広げてくださいね。
当日作るこけ玉は1つですが、
おまけでもうひとつ作れるようにしました。







13:00からのこけし工人さんとこけしをつくろうと
万緑のこけしぼっこはメインの会場で行うのではありません。
本来ならはスタッフルームとして使う場所で行います。
とっても小さな空間ですが、とても貴重なものを一面に飾り付ける予定です。
こけしの歴史を感じつつ、
雑貨という新しい居場所をみつけたこけしを感じていただけるようにしたいと思っております。

私はこけしマニアではないわ、と気後れする必要はまったくありませんよ。
ぼっこのメンバーは、面白いことが好き。
お客様と一緒に笑いたいのです。
そのネタが、こけしだけのこと。
こけし好き・雑貨好き・手作り好き・面白好き・・・・。
いろんな好きがこけしでつながったら絶対楽しい!



まだまだ参加を受け付けていますので、ぜひ。

kokeshibokko@gmail.com
090−4090−9263(こじま)まで

上記のアドレス宛にお送り頂いたメールが届かない不具合が
時々ですが生じております。
お申し込みから二日以上経過して返信がない場合は、
お手数ですがお電話にてご連絡ください。



AKO










  
| こけしぼっこ | 10:19 | - | - |
「こけしと旅と本」 中古こけしいろいろ 杉浦さやかさんのこけし棚より

沼田元氣さんとともに、
鳴子こけしまつりの親善大使をつとめる
イラストレーターの杉浦さやかさん。
気さくで男前、そしてもうれつかわいいお方です。
著書には以前から、伝統こけしがちょくちょく登場。
2007年発行の「週末ジャパンツアー」は、
なんと津軽と鳴子へのさーやのこけし旅からはじまります。
さやかさんの本ではじめて、こけしのかわいさを知った方、
たくさんいらっしゃるのではないでしょうか。
まさにザ・こけし親善大使。

「こけしと旅と本」には
さーやのこけし棚からやってきた中古こけしと
サイン本、鳴子のこけし工房マップが並びます。

☆杉浦さやかさんのこけし棚より
 中古こけしいろいろ



ひとつひとつ、
さやかさんとこけしとの出会いのエピソードメモ
&おまけ(ミニカードなど)がついていますよ。

☆杉浦さやかさん サイン入り著書
「週末JAPANツアー」 



鳴子仕様のサイン★限定5冊です★
お早めに!


ノリコ



| こけしぼっこ | 02:03 | - | - |
飄々こけし
 

これはこけしを楽しむためのアイデアをまとめたリーフレット。(チラ見せ)
青葉こけし会の会員さんにもご協力いただいた、楽しい読み物です。


こけし会の時にアンケート用紙を配り、後日郵送してもらうことに。
我が家にぽつぽつと達筆な文字で宛名が書かれた、
「こけしじいさんからの手紙」が届き始めました。(敬意を持ってそう呼ばせてください)
アンケートに手紙が添えられ、
ぼっこの活動を見守ってくださっていること、
アンケートに書ききれないこけしへの思いが語られておりました。


「こけしじいさんって・・・・・・・かわいい!」


そう、これは青葉こけし会に参加して思っていたことだったのです。
いい歳したおじさんが笑顔で「こけしって可愛いよね!楽しいよね!素晴らしいよね!」
そんな思いを抱きながら語られている姿を見るたびに
頬に伝う温かい涙をそっと拭っていたものでした。。。。
こけしも素晴らしいですが、こけし愛好家の皆さんも素晴らしいのです。
それをたくさんの人にも知っていただきたい。

アンケートは届いた、でもそれをどうやってまとめる?
どうしよう、どうしようと考えた後、頭に電球がぴかりと点灯。

セロリさんがいるじゃないの!!

こけしじいさんの可愛らしさを知らしめて欲しい、と彼女に伝えました。
アイデアを3つ提案してくださり、それをぼっこメンバーで検討。
どれもこれも素晴らしいアイデアで、選ぶのに迷いました。
ぼっこメンバーにはないセンスでこけしを表現してもらうのがいいと話がまとまりました。
飄々こけしの誕生です。

こけしにつきまとうマイナスのイメージを力強いパワーでぶち壊すと思いきや、
届いたものは超スローボール。
その意外な戦法にぼっこメンバー脱力。
こんな風に攻めてくるとは。
もっと気軽な気持ちでこけしに触れて欲しいという気持ちが伝わってきました。

このリーフレットは猫空さんの喫茶室で読むことが出来ます。
(配布はいたしません。すいません!)
ぜひ会場で楽しんでくださいね。



桑原セロリさんは美大を卒業されたばかりのうら若き女性。
卒業制作にこけしがばらばらになっておままごとのパーツになる素晴らしい作品を
デザインされたこけし界の新星。
今回参加してくださる佐藤英之工人がそのデザインを元にして制作された「おままごとけし」。
当日会場におままごとけしで遊べるコーナーをご用意いたします。
ぜひ手にとってこけしの可愛さを感じてください。


AKO









| こけしぼっこ | 04:37 | - | - |
「こけしと旅と本」 mushpuppetさん(ハルデコさんと杜の都の竹工房さん)
 
仙台のいろは横町にある小さなお店
mushpuppet(マッシュパペット)さん。
東欧の昔のものと日本の作家さんの作品が仲良く同居した、
かわいいものの宝ばこのようなお店です。
宝ばこの中には作家さんによるこけし雑貨もならんでいます。
今回mushpuppetさんのご厚意で、
お店で人気もののこけし雑貨たちが
「こけしと旅と本」に出張してくれることになりました。


こつぶこ造形作家 
ハルデコさん







(写真はすべてハルデコさんにお借りしました)

鳴子の全国こけしまつりで工人さんやこけしに出会い、
帰ってすぐにこけしの作品作りがはじまったというハルデコさん。
web shopでは時に「ひとりこけしまつり」が開催されています。
こけしストラップやアクセサリー。指輪までも!
こけしは伝統こけしのかたちに倣ってつくっていらっしゃるとのこと。
なでてみたくなるつるんとした質感もほんとにほんとうに、可愛いですねえ。



竹細工の世界
杜の都の竹工房さん



竹細工のこけしストラップや耳かき箸置きなどなど!
写真上のリンク先から、
ぜひ杜の都の竹工房さんサイトもごらんくださいませ。
畳一畳分のスペースで制作されているという、ちっちゃな竹細工の世界。
こけしのほかにも「富士山」「東京タワー」「仁王島(松島)」などの
観光名所耳かきシリーズにわたし感動いたしました。
かわいいという言葉では表現しきれぬ世界がそこに。ゆるみます。



おしらせ

マッシュパペットさんが、
いろは横町にお店を開店されてから7年。
今月末、多くの方に惜しまれながら、
閉店されることになりました。
いろは横町に足を踏み入れてすぐの
あの緑いろの空間に、
もうすぐ会えなくなるかと思うととてもさみしいです。
現在お店では、閉店セールが開催中です。
(6月27日(日)まで)
そして某球団ファンである店長さんの
独特なるトークとお人柄にも触れにお出かけくださいませ。




mushpuppet
宮城県仙台市青葉区一番町2-3-30(いろは横丁内)
TEL:022-221-8116 FAX:022-221-8116



ノリコ

| こけしぼっこ | 11:05 | - | - |
「こけしと旅と本」 独まん×かまわぬ こけし手ぬぐい

6月の仙台は本の月。
BOOK!BOOK!SENDAI 2010
一箱古本市に出かけてきました。
目の前の店主さんの頭のなかを、
ちょっとだけのぞかせていただくような、
ブースごとに色ある本のラインアップ。
一箱一箱、楽しませていただきました。
盛り上がってましたよ〜!!
出店していた友人に小さいえじこをいただきほくほくにて帰宅。



昭和48年発行の工人録・伝統こけしガイドでしらべてみました。
鳴子・遊佐恭雄さんのえじこかな?

さてさて、「こけしと旅と本」こけし雑貨部門
独まんさんのこけし手ぬぐいのご紹介です。



独まんさんは、日本三景松島・五大堂前の老舗のお土産やさん。
松島のカフェロワンさんや仙台木町通のカデットさんは、独まんさんの姉妹店です。
あたらしい松島のお土産にと、この手ぬぐいをお作りになったのだそう。

手ぬぐい全体がかわいいこけしの胴模様。
体にあてるとあなたもこけし。
旅先の温泉などで、さらりと挑戦してみては★


ノリコ
| こけしぼっこ | 14:16 | - | - |
「こけしと旅と本」 花世界さん
 
こけし雑貨部門より
静岡のお洋服と雑貨のお店・花世界さん作
こけしのティッシュケースのご紹介です。
先日段ボールの中に、
こけしの顔がごっそり入って届きましたよ!




花世界さんのブログに時折登場する、
こけしのティッシュケースのカテゴリーを、
いつも心待ちにしております。
こけし、いつでもニコし!を合い言葉に、
ティッシュケースのこけし顔が、
あっちこっち旅する様子が見られます。




大井川鉄道の肘掛けの上でニコし!




こけしの顔は4種類。
あなたのお好みは。




花世界さんこけしティッシュケース
制作のひとこま




この記事の写真はすべて
花世界さん撮影のものをお借りしました。


ノリコ

| こけしぼっこ | 02:14 | - | - |
Page: 1/2   >>

     
     こけしぼっこ












こけしぼっこ

画像



こけしぼっこは、
おとなも子どもも
皆でこけしをたのしむ会。
こけしのふるさと
仙台に住む
こけしを愛する3人組で
かわいいこけしの
今・昔
お伝えします。

2011年、仲間たちとの
こけし劇もはじまりました。

お問い合わせ・メッセージは
こちらまで
どうぞ。

twitter

画像







考えるテーブル
こけし、かだる?


こけしと私の出会いを語り、
こけしと誰かの出会いに耳をすます

こけし、かだる?は
工人さんの話をうかがいながら、
参加者のみなさんと
こけしとその周辺について
語り合う場です。

協働 せんだいメディアテーク


画像



小冊子
こけしの旅の本

こけしの旅の本


お取り扱い店

宮城
鳴子温泉
日本こけし館
仙台
火星の庭
カメイ美術館
stock
coco-chi
秋保工芸の里玩愚庵こけし屋
せんだいメディアテーク
カネイリミュージアムショップ

北海道
札幌
トロニカ
旭川
simple
盛岡
hina
福島
土湯温泉 ひさごCAFE
福島市うさぎや
three STUDIO / GALLERY
東京
神田  書肆ひやね
中野  タコシェ
神保町 東京堂書店
南青山 BOOK246
立川  PAPER WALLエキュート立川店
雑司ヶ谷 ひぐらし文庫
金沢
Lykkelig
京都
恵文社一乗寺店
レティシア書房
名古屋
ON READING
大阪
23番地.

こけしの旅の本についての
お問い合わせは
こちらまでどうぞ



画像



こけしぼっこ"


Entry

Archives

Category

こけしLink(五十音順)

Search

Feed

Others

Mobile

qrcode

Sponsored Links